適用分野: KYC、アクセス制御、決済ソリューション
・1秒以内で顔面の認識・比較・確認
・人々を認証
・詐欺行為を防御するために使用者の生存度の確認・検出

最先端のFaceMatch顔面認識技術により同じ人間のイメージが合致してるいるか否かを確認できます。FaceMatchを使用して強力に顧客の生体認証プログラムを構築すれば、KYC(Know Your Customers)とPSD2(Payment Service Directive)*1が可能となります。
ソリューションの構築はC++、C#、Python、JavaScriptあるいはJavaなどを使用します。
注1:2016年施工の「決済サービス指令第二版」に準拠

◎FaceMatch採用による利点
 ディープラーニング技術に基づく最高性能精度 

◎カスタマイズ
 合致の程度を表すConfidenceスレッシュホールドをカスタマイズできます。
 顧客データに基づくモデル調整も可能です。

◎価格
 手ごろな費用でシステムを構築できます。

最新のディープラーニング技術と、マサチューセッツ大学が公開している“Labeled Faces in the Wild” (LFW) ベンチマークにおいて、99.5%以上の認識精度を達成しています。

◎IDの確認(1:1)
 KYC(Know your customer)、アクセスコントロール、支払い確認に最適
 

◎顔の比較(1:1)
 アクセスコントロールとブラックリストデータベース(犯罪者などのデータ)のチェックに最適
 

◎顔検索(1:n)
 グループ及びクラスタの顔に最適
 

詐欺師・ゴト師など犯罪者の顔面認識に使えるレベルの顔面認識精度を実現しています