http://dynaflex.co.jp/crowdsight/1. ショッピンモールの来場者行動の分析 (Cameleon)

Cameleon社のWebベースのプラットフォームである”InsightManager”は、リアルタイムで店内の顧客を追跡し、年齢・性別・特定の商品と広告を眺めている注目時間を測定して、プロフィール・行動と購入決断と関連付けます。これらのデータを利用して、商品棚にそろえる商品の選別を行い、店舗の売り上げ拡大を前座します。

2. 従業員の勤務意識向上への適用

外食チェーンなどの従業員の笑顔は売り上げに直結するというデータが出ています。従業員はカメラの前で接客時と同じ顔で対面して、笑顔値のスレッシュホールドレベル(例: 60%)を超すまで努力します。時間と店舗名・日時・従業員番号がシステムに格納しておきます。店舗の売上・接客態度・注文からデリバリー迄の時間などとの相関を取って売上向上につなげます。

3. タクシー利用者の分析(日本の某タクシー会社)

某タクシー会社で、デジタルサイネージ・ネットワークを配信対象とした動画広告商品がタクシー上で展開されています。約10インチの大型パネルに動画広告を配信することができ、ビーコンを活用して広告に関連したURLを対応スマートフォンに通知することも可能になっています。

Androidタブレットのスクリーンにはカメラが装備されており、タクシー利用者の性別・年齢と利用経路などを関連付けたマーケティングデータを収集し、最適配車計画立案などに利用しています。(国内のタクシー約10,000台に搭載・稼働しています)

4. 歩行者数(Head count)とCrowdSightの統合(AECOM社 日本)

デジタルサイネージ用モニター前を通過する人の数を測定するソフトウェアとCrowdSightアプリケーションを統合した”BeeSight”を統合ソフトウェアとして提供しています。

5. DOOHへのCrowdSightの適用(4impacts アイルランド)

DOOH(Digital Out of Home)アプリケーションと自社が持つプライベート(Point of Care Media Network)と公共小売OOHメディアを組み合わせたシステムを提供しています。

6. 美術館への応用(Hyper Island)

美術館に来た来場者の顔が最も似ている美術品を選択して若い来場者に示し、興味を持ってもらう努力をしています。来場者の年齢・性別を分析してデータ化し、美術品のデータとの一致度を調べます。このような試みは来場者と美術館の距離を大幅に知事めています。

7. 旅行会社での応用例(Skyscanner Russia)

Skyscanner者は、旅行に興味を持つ人々の顔を撮影し、行動とデモグラフィック情報に基づき最適な旅行プランを提供するように努めています。Sightcorp社の顔面分析技術を利用して、年齢・性別・表情などのデモグラフィック情報を収集しています。