http://dynaflex.co.jp/crowdsight/【機能】

Attention: CrowdSight v.4.0リリース迫る

CrowdSight v.4.0ベータバージョンの使用を希望される方は、”投稿”を参照しお問い合わせください。

1) 人の追跡: 通過する顧客を追跡し、注目時間を測定します。カメラの視界から外れても、一定時間内に戻る人は再カウントせずマーケティングデータの正確度を保ちます。

2) 気分の認識: 複数の人間からのユニバーサルな顔面の6種類の表情を同時に検索します: 幸せ・悲しみ・・驚き・うんざり・恐怖・怒り

3) ヘッドポーズの推定: 顧客が注目しているもの、表示されているコンテンツの中でどれが興味を引き、どれが無視されているかを知ることが出来ます。

4) 年齢・性別の分類: 観衆の性別・年齢区分を知ることが出来ます。

5) 服の色: 群衆としての色の好みに合うようにすることが可能です。この機能は他の機能と結合することにより、観衆の好みとニーズにコンテンツをパーソナライズする手助けとなります。

6) 通行者の人数計測: カメラに正対せず通過するだけの人物の数の計測が可能です。人数カウンターを外部に設けて測定する必要がありません。(計測処理が重たくなりますので、処理能力の高いCPUの採用が必須です)

7) 人物の特定: 前もって登録した人物に合致する顔を自動的に特定化することが可能です。万引き犯・パチンコのゴト師・フーリガンなどを発見できます。

8) リアルタイム測定: 年齢・性別・服の色などから観衆の興味対象を想像して、最適なコンテンツを選択してリアルタイムに提供できます。

9) サードパーティが作成したソフトウェアとの統合: 例えば人数カウンターのようなソフトウェアのデータを取り込んで“Conversion rate”の計算なども可能です。

CrowdSight導入事例

顔表情認識基礎技術