CrowdSight v.4.0へのアップデート迫る

【CrowdSight v.4.0へのアップデート迫る】

ベータバージョンテスト参加企業を募っています。皆様も参加しませんか?

Sightcorp社の開発チームは数社の顧客と共に新バージョンのソフトウェアのテストを行い新規リリースを目指しています。正式リリースが迫っています:

新しい機能群:

* ローカルレポート作成

* オフラインダッシュボード

* バンド幅利用の改善

* 自動リブート

* プッシュデータ機構(CMSに最適)

 

CROWDSIGHT 4.0 発表

ディープラーニングフレームワークに基づく技術の次期バージョンの発表を予定しています。正式リリースは本年夏を予定。

 

期待される機能は以下の通りです:

* 360° head detection (deep learning)            全周での頭検出(ディープラーニング)

* Improved age detection (deep learning)           年齢検出の改善(ディープラーニング)

* Improved gender estimation (deep learning)     性別推測の改善(ディープラーニング)

* Improved face detector (deep learning)           顔検出の改善(ディープラーニング)

 

River Woods社のケーススタディ:

CrowdSight4.0を使って、オランダのファッション小売チェインであるRiver Woodsはどのような付加価値を得ているかを簡単に紹介します。

Insightzの目的は、顧客の属性を調査するためビデオ分析を採用しています。Sightcorp社は表情分析とデモーグラフィック分析ソフトウェアを提供しています。

Insightz社Stephanie氏弁:

当該プロジェクトの大きな利点は来場者の属性を知ることが出来るようになることです。最近まで来場者については直感でしか判りませんでした。しかし4.0の採用により、来場者の正確なビジネス属性を知ることが出来るようになりました。

 

Insightz社の会社概要:

Juniper Research 社の調査によれば、世界の小売業者がAIに投下する金額は2022年までに7.3億ドル(約8,000億円)に達すると言われています。急速な成長が見込まれる理由は、小売業者による顧客の体験をカスタマイズしたり最適化するという要求が強くなる為です。

CrowdSight 4.0のベータバージョンを使ってみたいという企業の方は、是非とも弊社にメールを下さい:

お問い合わせ

貴社がどのように当該プロジェクトに貢献できるかの情報をお知らせします。皆様のご意見を是非お聞かせください。当該プロジェクトにおいて最も力点を入れている部分は表情分析のような感情分析であり、この分析が正確に行えるようになれば「顧客のデモグラフィックプロフィールと商品とサービスに対する反応」を理解できるようになります。

近未来には、ビデオ分析は小売業者にとって顧客満足を最大化し且つ拡散した市場において競合力を維持するキーツールとなるでしょう。

Follow me!